芝浦シヤリング株式会社
芝浦シヤリング株式会社

土浦事業部 山形鋼板部

山形工場

 山形工場は、東北圏の厚板ユーザーニーズにお応えするため昭和 63年山形市立谷川工業団地に開設され、建産機械を主体に産業機械・建設加工製品用鋼板の製造・販売を行ってきました。
レーザ切断機を中心とした最新鋭の切断設備に加え、切断後加工を拡充し、開先、穴あけ、溶接、曲げと、付加価値向上に日々努めており、令和 3年 3月には新工場へ移転、稼働を開始しております。 今後も更なる付加価値向上に取り組み、あらゆる鋼材加工のニーズに確りとお応えしていきます。

加工設備

  • 9KWファイバーレーザ切断機1基
  • NC4KWレーザ切断機1基
  • NCガス切断機2基
  • NCプラズマ切断機1基
  • NCガス開先ロボット2基
  • プラズマ開先ロボット1基
  • 機械開先切削機3基
  • ポータブルガス切断機10台
  • NCオートボーラー1基
  • フライス盤1基
  • 旋盤2基
  • 3本ロール曲げ加工機1基
  • ショットブラスト装置1基
  • 縦型マシニングセンタ1基
  • 自動溶接ライン1式
  • 溶接ロボット4基
  • 平坦度矯正ロール1基

  • 9KWファイバーレーザ

  • ロボット開先(ガス)

営業案内

 東北圏におけるお客様のご要望に対応すべく、最新設備を用いて様々な鋼板の切断に対応しております。品質、価格、納期のあらゆる面でご要望にお応えしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。